「たばこ白書」が15年ぶりに改訂されました

 厚生労働省から、「喫煙と健康」(喫煙の健康影響に関する検討会報告書、通称:たばこ白書)が15年ぶりに改訂され、公表されました。

 たばこの健康影響について、喫煙とがん、循環器、呼吸器、糖尿病などの各疾患との因果関係を4段階で判定するとともに、日本のたばこ対策の方向性について提言されています。

 2020年の東京五輪・パラリンピック、2019年のラグビーW杯に向けて、今、受動喫煙防止対策強化に向けての動きが加速しています。

喫煙の健康影響に関する検討会報告書(外部リンク)